窓の聞け方ひとつで車内の心地よさが変わる2014.09.30. // 温度調整

車内の空調という点では、窓を開けるというのがプリミティブですが、いい方法です。
そのとき窓を全開にしてはいけません。

 
クルマは走行していると、Aピラ1(運転席の斜め前にある柱)から後方は負圧が発生
します。専門的にいうと、ベンチレlション効果、が発生しています。
 

そこで窓を少しだけ
(1か所のみ)開けると、その効果のおかげで換気扇の吸い込みのようになります。
 
するとあれよあれよという聞に中の空気が吸い出されるのです。
 
よどんだ車内の空気を
追い出したいときには効き目バッグンです。
 

これは雨の日にも使える手で、窓ガラスのく
もり防止にもなるのです。
 
真夏にはエアコンの風量を最大にして、冷気をむさぼるように浴びる人がいます。
 

しかし、風量を増しでもあまり効果はないのです。
 

風量の目盛りは2くらいにして、外気導入
にしておくと、高原にいるような心地よい車内空間が持続します。
 
バッテリーへの負担も
軽くてすみますので、ぜひ試してみてください。

エアコンをつけっぱなしの罪2014.09.30. // 温度調整

「運転」とはちょっと違ってきますがます。

 
エアコンの使い方というのも人によって癖があり
最近のクルマにはオlトエアコンが標準装備されています。
 
確かに快適ですが、不必要
にスイッチをオンのままにしていませんか?
 
最近のエアコンはエンジンにも負担をかけにくい仕様になっています。それでも試しに
オlトエアコンをオフにしてみてください。
 
クルマが軽やかに走リ、その違いに驚くことでしょう。
 
小排気量のクルマほど知実にわかります。
やはりそれだけエンジンに負担をかけている
という証です。
 
さらにいえば、燃費に関してもはっきりと違いが出るほど影響します。
 
必要なときだけエアコンを入れて温度調節をするのというのが、クルマにも環境にもや
さしい行為です。