ブレーキを踏む足が大きく動く人は要注意2014.09.30. // シート

クルマの免許を持っていない人でも、人の運転するクルマに乗ったときにその人のブレーキの踏み方に気がつくはずです。

 

ガクンと前のめりになるような、ブレーキを連発されれば、さすがにイイ気持ちはしませんよね。スムーズなブレーキこそが、同乗者とクルマに優しい運転なのです。
上手なブレーキのかけ方はこんな感じではないでしょうか。一緒に乗っていて、いつ、ブレーキを踏んだのかわからない状態で速度が落ちていく.何事もなかったようにスッと停まる。
要するに同乗者の頭、がふらふら揺れたりしない、ブレーキ操作ということです。
これには特別な技術は何も必要ありません。、ブレーキペダルをどれくらい踏み込んだ時点で、ブレーキがききはじめるかのか、そしてそのまま踏み込んでいくとクルマがどのような状態になるかを把握して、とにかく気を遺った、ブレーキの踏み方をするだけです。
悪い例をひとつ出しておきましょう。
クルマの揺れが激しい運転をする人の多くは、、ブレーキペダルを踏むときに足全体が大げさに動いています。上手な人は足首を支点にしてつま先でコントロールしています。
ただし、緊急時には足全体を使ってでも力いっぱい踏み込んでください。
普段から、ブレーキをソフトに優しく踏むことで、クルマの各部にかかる負担も軽くなります。
タイヤなどはその最たるもので、タイヤへの負担が少ないということは、無駄なダストを出さずにすみ、ひいては環境にも優しいということに繋がっていきます。

習うより慣れろのシートポジション2014.09.30. // シート

みなさんはクルマのシートポジションをどのように決めていますか? シートポジシヨンにはその人なりの』だわりや癖がありますね。

 
「軽く腕を曲げた状態でハンドルを握ってみてください」といった教習所で習うシートポジションは比較的前寄りの位置取りです。
 
私が推奨するのはもう少し腕を伸ばし気味にしたスタイルです。理由は簡単です。万が一の事故の場合でも、く曲げた状態では腕は曲がりゃすくなります。
 
エアバッグで支えてはくれますが、本来は自力で支えるのがセオリーだと思うのです。
 
ときどき体をななめにして運転している人を見かけますが、これは論外です。
 
当たり前ですが、体はステアリングやペダル類に対して、きちんと正対させてください。
 
さらに、足の曲がり具合もチェックしてください。足が深く曲がったポジションよりも軽く曲がったぐらいのほうが、アクセルやブレーキペダルのコントロールを細かくできます。
 

最初はハンドルやブレーキ、アクセルペダルなどが少し遠めだと感じるでしょうが、しばらくすれば慣れますので安心してください。
 
余談ですが、中古車を見てまわっていると、ときどき外観はきれいだけどシlトがへたって破けているクルマを見かけます。
 
これは乗り降りのときに擦れて破れるわけですが、クルマを長く乗るにはできるだけ擦れないようなシlトポジションが最適なのはいうまでもありません。
 

要は前寄りのシートポジションをとっていると、それだけ運転席の空聞が狭いわけで、自ずと窮屈なクルマのハンドルを握った腕で身体を支えることができるからです。腕を軽乗り降りになってしまうということです。