いや、エンジンは高回転まで回すとよくない2014.10.21. // アクセル

エンジン内部のいろいろな部品が稼働していて、それぞれがわずかな隙間でこすれ合うようにして動いています。

 

専門的には部品と部品が擦れ合う場所を摺動面(しゅうどうめん)と呼んでいますが、回転が低いときと高いときでは、それぞれの部品(クランクシャフト、コネクティングロッド、ピストン、シリンダー)の摺動面の間隔が微妙に異なってきます。

 

低回転、ばかりを使うと、低い回転域のときに甲」すれ合う部分にはスムーズな「あたりになじみ)がつきますが、高回転域での憎動面には「あたり」がつきません。
そして、「あたり」がついていないことから動きに抵抗が出てきます。

 

それが、いわゆる「回らないエンジン」です。

 

だからといって回して、ばかりいると各部の消耗が大きくなるので、クルマを長持ちさせるという観点でいけば、いいことではありませんね。

 

エンジン単体の耐久性を考えると、普通車であれば却万キロくらいはもっよエンジンの寿命が短とはいえ、うに設計されています。

 

みなさんにはあまり関係ないかもしれませんが、トラック(ディーゼルエンジン)の耐久性は100万キロ?ともいわれています。

 

毎日、通勤にクルマを使う人でも、初万キロ・となると相当な年数がかかるでしょう。

 

エンジンを回せばそれなりに寿命は短くなる。燃費も悪化する。

 

逆に回転が低い走行ばかりをしていたのでは、エンジン内部で不完全燃焼を繰り返してしまう。

 

基本的には普段はなるべく低回転で走り、ときどき高回転までエンジンを回してやるといった塩梅がいいのではないでしょうか。

 

車 売る・・・今すぐ車売るならまずは無料査定。

クルマの種類でアクセルペダルの踏み方は変わる2014.08.13. // アクセル

今挙げたのは通常のエンジンを搭載したクルマの場合ですが、エンジンの排気量が小さいままで倍の排気量並みの出力を得られるというモデルもあります。

 

 

たとえば、軽自動車のタlボモデルなんかがそうです。

 
こうしたタlボがエンジンに取り付けられたクルマは、特にアクセルの踏み方で燃費が大きく変わってきます。

 

 

発進時にはしっかりとアクセルペダルを踏んで燃料を多く送り込んでやり、を高めることが大事です。

 

 
一気に出力20ターボ車ではアクセルペダルの踏み込みが甘いと、充分にそのタlボ特性をいかせず、かえってパワーをロスすることになるからです。ただし、急発進とは違いますので、くれぐれも気をつけてください。

 

 
そのあとは、先ほどと同様にアクセルを完全に閉じずに足をアクセルペダルに軽く乗せるような感覚で運転してください。

 

 
そうすればこのエンジンの効率のいい部分だけを使うことになりますから、ヴィヴィッドな走行性能と低燃費を両立できるはずです。

 

 
こうしたアクセル操作の習慣は地味なものですが、日々の運転において習慣づけることで、1か月や1年単位ではガソリン代にかかる費用を大きく軽減できます。

アクセルの踏み方で燃費は大違い2014.08.13. // アクセル

年々高騰する原油の値段。

 

家計を圧迫してしまうことは否めません。

 

そんな時代、だからこそ燃費に気を遣った運転を心がけたいものです。

 
燃費を左右する最大のファクターはエンジンのコントロール、すなわちアクセルペダルの踏み方です。

 

この踏み方だけで燃費が2割も改善するといわれています。
クルマもさまざまなタイプのモデルがありますが、最近では電子スロットルという装置がモーターをコンピューターで制御して、運転の条件に合わせた最良のコントロールをしてくれます。

 
アクセルペダルを素早く踏み込めばスパッと加速しますが、このときは燃料(ガソリン)が最大限に噴射されて空気もたくさん入ります。

 

燃料をたくさん使うわけですから、燃費は悪くなります。

 

 

気持ちはわからないでもありませんが、必要のない所で必要以上にアクセルペダルを踏み込んでいる人が実に多いのが現状です。

 
まず、アクセルペダルを素早くではなく、ゆっくり踏み込んで加速する癖をつけましょぅ。

 

 

加速したと思ったら少しアクセルを戻して下さい。

 

 

ここでアクセルペダルを完全に戻してはいけません。

 
ほんの少しだけアクセルペダルに足を乗せる程度で踏んでいるのがベストです。

 

 

微妙な操作ですが、常に意識してやっていれば、簡単にできるようになりますそうすることによって完全なエンジン、ブレーキにはならず、完全に戻した状態よりもエ
ンジンの抵抗が少なくなりますので燃費がよくなります。

 
これは、街中運転でも高速の運転でも有効に使えるアクセルペダルの踏み方なのです。

Hello world!2014.08.13. // アクセル

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!