クルマの種類でアクセルペダルの踏み方は変わる2014.08.13. // アクセル

今挙げたのは通常のエンジンを搭載したクルマの場合ですが、エンジンの排気量が小さいままで倍の排気量並みの出力を得られるというモデルもあります。

 

 

たとえば、軽自動車のタlボモデルなんかがそうです。

 
こうしたタlボがエンジンに取り付けられたクルマは、特にアクセルの踏み方で燃費が大きく変わってきます。

 

 

発進時にはしっかりとアクセルペダルを踏んで燃料を多く送り込んでやり、を高めることが大事です。

 

 
一気に出力20ターボ車ではアクセルペダルの踏み込みが甘いと、充分にそのタlボ特性をいかせず、かえってパワーをロスすることになるからです。ただし、急発進とは違いますので、くれぐれも気をつけてください。

 

 
そのあとは、先ほどと同様にアクセルを完全に閉じずに足をアクセルペダルに軽く乗せるような感覚で運転してください。

 

 
そうすればこのエンジンの効率のいい部分だけを使うことになりますから、ヴィヴィッドな走行性能と低燃費を両立できるはずです。

 

 
こうしたアクセル操作の習慣は地味なものですが、日々の運転において習慣づけることで、1か月や1年単位ではガソリン代にかかる費用を大きく軽減できます。

アクセルの踏み方で燃費は大違い2014.08.13. // アクセル

年々高騰する原油の値段。

 

家計を圧迫してしまうことは否めません。

 

そんな時代、だからこそ燃費に気を遣った運転を心がけたいものです。

 
燃費を左右する最大のファクターはエンジンのコントロール、すなわちアクセルペダルの踏み方です。

 

この踏み方だけで燃費が2割も改善するといわれています。
クルマもさまざまなタイプのモデルがありますが、最近では電子スロットルという装置がモーターをコンピューターで制御して、運転の条件に合わせた最良のコントロールをしてくれます。

 
アクセルペダルを素早く踏み込めばスパッと加速しますが、このときは燃料(ガソリン)が最大限に噴射されて空気もたくさん入ります。

 

燃料をたくさん使うわけですから、燃費は悪くなります。

 

 

気持ちはわからないでもありませんが、必要のない所で必要以上にアクセルペダルを踏み込んでいる人が実に多いのが現状です。

 
まず、アクセルペダルを素早くではなく、ゆっくり踏み込んで加速する癖をつけましょぅ。

 

 

加速したと思ったら少しアクセルを戻して下さい。

 

 

ここでアクセルペダルを完全に戻してはいけません。

 
ほんの少しだけアクセルペダルに足を乗せる程度で踏んでいるのがベストです。

 

 

微妙な操作ですが、常に意識してやっていれば、簡単にできるようになりますそうすることによって完全なエンジン、ブレーキにはならず、完全に戻した状態よりもエ
ンジンの抵抗が少なくなりますので燃費がよくなります。

 
これは、街中運転でも高速の運転でも有効に使えるアクセルペダルの踏み方なのです。

Hello world!2014.08.13. // アクセル

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!